コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天文学者

1件 の用語解説(天文学者の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

天文学者

オランダの画家ヨハネス・フェルメールの絵画(1668)。原題《De astronoom》。左方の窓辺から光が入る部屋で、天球儀に触れて思索にふける男性を描いた作品。『地理学者』と対をなすと考えられている。パリ、ルーヴル美術館所蔵。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

天文学者の関連キーワード青いターバンの少女絵画芸術稽古の中断士官と笑う娘真珠を量る女ぶどう酒のグラス窓辺でギターを弾く女窓辺で水差しを持つ女レースを編む女ヴァージナルの前の二人

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

天文学者の関連情報