ファットボーイ・スリム(読み)ファットボーイスリム(英語表記)Fatboy Slim

現代外国人名録2012の解説

ファットボーイ・スリム
ファットボーイスリム
Fatboy Slim


国籍
英国

専門
ミュージシャン;DJ

本名
Norman〉 ノーマン〈Cook クック

別名
別名=ピッツアマン〈Pizzaman〉,フライド・ファンク・フード〈Fried Funk Food〉

グループ名
旧グループ名=ハウスマーティンズ〈Housemartins〉;フリーク・パワー〈Freakpower〉;ビーツ・インターナショナル〈Beats International〉

出生地
ブルームリー

経歴
レッドヒルで育ち、大学入学と同時にブライトンに移り住み、DJを始める。友人に誘われバンド、ハウスマーティンズでベースを担当、1986年アイズレー・ブラザーズの「Caravan of Love」のカバーで英国1位を獲得。バンド解散後は、エリック・B&ラキムやコールドカットなどのリミキサー、サウンド・プロデューサーとして再出発。ビーツ・インターナショナルのDJとしても活躍し、「Dub Be Good to Me」を発表。のち2年間の休業を経て、フリーク・パワーを結成。「Turn On,Turn In,Cop Out」でデビュー。その後、ピッツアマン、フレンド・ファンク・フードなど数種類の名前を用いて作品を発表。’95年からファットボーイ・スリムと名乗り、シングル「Santa Cruz」をリリース。’96年「ベター・リヴィング・スルー・ケミストリー」が英国内のクラブで大流行し、一躍ビッグ・ビートブームを巻き起こす。’98年初来日。以後も「ロングウェイ・ベイビー!!」(’98年)、「ガター&スターズ」(2000年)、「パルーカヴィル」(2004年)などをヒットさせ、DJサウンドの地位を上げた功労者として知られる。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android