コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファナリオテス ファナリオテスPhanariotes

1件 の用語解説(ファナリオテスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ファナリオテス
Phanariotes

ファナリオトとも呼ばれるイスタンブールギリシア人地区ファナルに居住し,主要な官職を手に入れた有力な家族。 18世紀オスマン帝国の官僚供給源として大きな勢力をなした。本来商業に従事,17世紀に富と権勢を築き,官界に進出。 1669~1821年帝国政府の通訳,外交官 (ドラゴマン) ,また 1711~1821年帝国の従属国モルドバ,ワラキアの公位を独占。同時に東方正教会の行政機構を支配し,要職の人事を左右した。ギリシア独立戦争 (1821~29) で没落。代表的な家系はアルギロプーロス,カンタクジノ,マブロコルダートス,イプシランディスなど。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone