没落(読み)ぼつらく

精選版 日本国語大辞典「没落」の解説

ぼつ‐らく【没落】

〘名〙
① (━する) 城や陣地などが敵に奪われること。
※太平記(14C後)一〇「六波羅(ボツラク)して」
② (━する) 戦いに負け、国や家が滅亡して、さすらうこと。また、罪科をのがれて地方へ下ること。
※神皇正統記(1339‐43)下「平氏力をおとし、主上をすすめ申て西海にぼつらくす」 〔唐律釈文〕
③ (━する) 勢いを失うこと。落ちぶれること。また、破産すること。
日葡辞書(1603‐04)「サカンナル モノモ ツイニ botracusu(ボツラクス)
④ (━する) 大きな物が落ちて沈むこと。
※シベリヤ物語(1950‐54)〈長谷川四郎〉馬の微笑「ある家の如きはその直ぐ縁にのめりかかって立っていて、危く水中への没落を免れていた」
⑤ 相手をののしっていう語。
※滑稽本・続膝栗毛(1810‐22)初「放け出せ。コナ没落めが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「没落」の解説

ぼつ‐らく【没落】

[名](スル)
栄えていたものが衰えること。「没落した貴族」
城や陣地などが敵の手に落ちること。陥落。
六波羅ろくはら—して」〈太平記・一〇〉
[類語]落ちぶれるうらぶれる成り下がる零落凋落転落落魄淪落堕落末路斜陽地に落ちる成れの果て見る影もない

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android