フィリピン諸語(読み)フィリピンしょご

世界の主要言語がわかる事典の解説

フィリピンしょご【フィリピン諸語】

フィリピン諸島で話される言語の総称。アウストロネシア語族のインドネシア語派に属する。100種類以上の言語が含まれ、母語として話す人が100万人を超える言語だけでも、タガログ語、セブアノ語、イロカノ語、ヒリガイノン語、ビコール語、ワライ語、パンパンゴ語、パンガシナン語など10以上ある。言語間の相互理解はむずかしく、マニラ首都圏を中心に話されるタガログ語を基礎にしたフィリピノ語が、英語とともにフィリピン公用語とされている。ただタガログ語を母語とする人も全人口の4分の1程度で、学校教育(低学年)では公用語以外の言語の補助的使用も認められている。文法的に共通する特徴としては、他動詞の主語に特別な格を用いる能格言語、語順では動詞が文頭にくる、などがある。

出典 講談社世界の主要言語がわかる事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android