フィルザバード(英語表記)Fīrūzābād

世界大百科事典 第2版「フィルザバード」の解説

フィルザバード【Fīrūzābād】

イラン南西部,シーラーズの南方約110kmの地に残る,ササン朝(224‐651)の円形都市遺跡。直径約2km。町は古くはグールGūrと呼ばれたが,ササン朝初代の王アルダシール1世アルサケス朝アルタバヌス5世を破った後に,パルティアの都市プランにならって建設し,〈アルダシール・フルラArdashīr‐khurra(アルダシールの栄光)〉と命名。その後10世紀にブワイ朝の支配者が現在の名称に改名した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android