コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィルザバード Fīrūzābād

世界大百科事典 第2版の解説

フィルザバード【Fīrūzābād】

イラン南西部,シーラーズの南方約110kmの地に残る,ササン朝(224‐651)の円形都市遺跡。直径約2km。町は古くはグールGūrと呼ばれたが,ササン朝初代の王アルダシール1世アルサケス朝アルタバヌス5世を破った後に,パルティアの都市プランにならって建設し,〈アルダシール・フルラArdashīr‐khurra(アルダシールの栄光)〉と命名。その後10世紀にブワイ朝の支配者が現在の名称に改名した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

フィルザバードの関連キーワード城(軍事的構築物)サルビスターンペルシア美術ファールス

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android