コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田辺 タナベ

8件 の用語解説(田辺の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たなべ【田辺】[和歌山県の市]

和歌山県南部の市。熊野参詣の交通の要地として、紀州藩家老安藤氏の城下町を中心に発展。田辺湾北側の天神崎は日本のナショナルトラスト運動の先駆として知られる。平成17年(2005)5月、龍神村、中辺路(なかへち)町、大塔村、本宮(ほんぐう)町と合併し、熊野本宮大社も市域に含まれる。人口7.9万(2010)。

たなべ【田辺】[京都府の旧町名]

京都府南部、綴喜(つづき)郡にあった旧町名。平成9年(1997)市制施行して京田辺市となった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

田辺【たなべ】

丹後国加佐郡に近世初期に成立した城下町。現京都府舞鶴市の西舞鶴地区にあたる。名称は《和名抄》の加佐郡田辺郷に由来。1580年細川藤孝(幽斎)・細川忠興(ただおき)父子が織田信長から丹後を与えられて宮津に入部,藤孝の隠居城として田辺城(舞鶴城)が造営され,城下町も形成された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

たなべ【田辺】

和歌山県中部にある市。製材のほか、田辺湾に臨む漁港で水産加工が盛ん。古くは牟婁津むろのつと呼ばれ、海上交通および熊野街道の要地として栄えた。

たなべ【田辺】

姓氏の一。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

田辺
たなべ

京都府南西部、綴喜(つづき)郡にあった旧町名(田辺町(ちょう))。1997年(平成9)名称変更して市制施行、京田辺市となる。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

田辺の関連キーワード熊野詣で蟻の熊野参りカンダハル敦賀南紀栗東諫早韮崎本宮[町]円善

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

田辺の関連情報