コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィルダム

百科事典マイペディアの解説

フィルダム

アースダムロックフィルダムの総称。おもに建設地点付近で採取した土,砂れき,ロックで堤体を築く。他形式のダムに比べダム底部の面積が大で,自重・水圧を良好に分布するので,地質不良な地点にも建設できる。
→関連項目ダム

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のフィルダムの言及

【ダム】より

…コロラド川に36年に完成したコンクリート量340万m3のフーバー・ダムは,設計,施工技術の飛躍的な向上をみせ注目を集めていたが,この従来の規模をはるかにこえたダムも,わずか6年後にはワシントン州コロンビア川に完成されたコンクリート量810万m3のグランド・クーリー・ダムなどに追い越された。 一方,1922‐37年に土のパイピング(土中の流水によって内部が洗掘されること)や締固まりに関係する最適含水比など,土に関する基礎的研究が著しく進み,これに施工機械の改良,大型化とがあいまって,このころから土や砂れきやロック(岩塊)を堤体材料とするロックフィルダムが急速に発展した。ヌレーク・ダム(旧ソ連,現タジキスタン)など現在の世界最高クラスのダムはこの形式である。…

※「フィルダム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

フィルダムの関連キーワードフォート・ペック・ダムジャティルフール・ダムアスワン・ハイ・ダムブラーツク・ダムイタイプ・ダムカインジ・ダムヌレーク・ダムターベラ・ダムヌレク・ダムマイカ・ダム七ケ宿ダム寒河江ダム多目的ダム阿木川ダム味噌川ダム永源寺ダム奈良俣ダム九頭竜ダム御母衣ダム岩洞ダム

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フィルダムの関連情報