自重(読み)ジジュウ

デジタル大辞泉の解説

じ‐じゅう〔‐ヂユウ〕【自重】

自分の体重。「自重トレーニング
船舶車両構造物などの、それ自体重量

じ‐ちょう【自重】

[名](スル)
自らを重んじること。自分の品性を保ち、卑下しないこと。自尊。
「自尊―苟(いやしく)も卑劣な事はできない」〈福沢福翁自伝
言動を慎んで、軽はずみなことをしないこと。「好漢自重せられたし」「隠忍自重
自分の健康に注意し、大切にすること。自愛。「なにとぞご自重ください」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じじゅう【自重】

車両や機械などの、そのもの自体の重量。

じちょう【自重】

( 名 ) スル
自分自身を慎んで軽々しい言動をとらないこと。 「各自の-を望む」
自分自身の体を大切にして健康をそこなわないようにすること。自愛。 「酷暑のみぎり御-のほど」
自分の品位を考え、みだりに卑下しないこと。 「 -の気を拉とりひしいで課長の鼻息を窺ひ得るかも知れぬ/浮雲 四迷

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じ‐じゅう ‥ヂュウ【自重】

〘名〙 車や機械などの、それ自体の重さ。
※人狩り(1962)〈大藪春彦〉鬼火「ジープは、林のところまで自重でバックしていき」

じ‐ちょう【自重】

〘名〙
① 自分の品位を保ち、むやみに卑下したりしないこと。自尊
※随筆・孔雀楼筆記(1768)二「帛を以てわが詩文を書するは、奢侈を好めるにあらず、才芸を自重するにあらず」
※浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉二「或は良心を傷けて自重の気を拉(とりひし)いで、課長の鼻息を窺ひ得るかも知れぬが」 〔欧陽脩‐答陝西安撫使范龍図書〕
② 自分の行動をつつしむこと。気をつけて軽はずみをしないこと。
※思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉六「何卒(どうか)自重して戴きたい」 〔史記‐酷吏伝・郅都〕
③ 自分のからだをたいせつにすること。自愛
※某宛本居宣長書簡‐宝暦某年(1757頃か)某月某日「炎吏特酷。万々自重」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

自重の関連情報