コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィレンツェ方言 フィレンツェほうげんFlorentine dialect

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フィレンツェ方言
フィレンツェほうげん
Florentine dialect

イタリアのフィレンツェの方言。トスカナ方言の一つ。ダンテボッカチオペトラルカなどの作品の言語であるため,ルネサンス以来優位を獲得し,現代イタリア語の基盤となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のフィレンツェ方言の言及

【イタリア語】より

…方言の分類はさまざまに試みられているが,以下にその一つを示す。(1)北部イタリア方言群 (a)ピエモンテ方言(b)ロンバルディア方言(c)リグリア方言(d)エミリア方言(e)ベネト方言(2)トスカナ方言群 (a)フィレンツェ方言(b)西部トスカナ方言(c)南部トスカナ方言(3)中・南部イタリア方言群 (中部)(a)マルケ方言(b)ウンブリア方言(c)北ラツィオ方言 (南部)(a)ナポリ方言タイプ(南ラツィオ,アブルッツィ,カンパニア,ルカーニア,北プーリア)(b)シチリア方言タイプ(サレント,カラブリア,シチリア)。 イタリアにおける方言の多様性についてはすでにダンテ(1265‐1321)がその《俗語論》のなかで筆を費やしているが,ではラテン語はなぜこのように地域ごとに分化し,その状態が現在にまで及んでいるのであろうか。…

※「フィレンツェ方言」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報