コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フェオドシヤ フェオドシヤFeodosiya

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フェオドシヤ
Feodosiya

ウクライナ南部,クルイム自治共和国の都市。クリミア半島 (クルイム半島) 南東岸,黒海にのぞむ港湾都市。前7~前6世紀ギリシアの植民市テオドシアとして建設され,穀物の積出港として繁栄。2世紀以降衰退。 13世紀ジェノバ領となりカファと改称され,交易中心地として発展したが,15世紀トルコ領となってから再び衰える。 1783年ロシアがクリミア半島を併合し,ここに要塞を建設。 1802年古名にちなんで現市名に改称。港湾設備製造,ぶどうジュース,たばこ,靴下などの工業がある。砂浜海岸はクリミア半島でも有数の海水浴場。歴史・郷土博物館がある。首都シンフェローポリの東約 100kmにあり,ハイウェーで連絡。人口8万 6000 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

フェオドシヤの関連キーワードセバストーポリ黒死病

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android