フェルマー数(読み)フェルマーすう(英語表記)Fermat number

世界大百科事典 第2版の解説

フェルマーすう【フェルマー数 Fermat number】

の形の整数をフェルマー数といい,とくに素数のときフェルマー素数という。以下,Fnと記す。F0=3,F1=5,F2=17,F3=257,F4=65537で,これらはすべて素数であることにP.deフェルマーが気づき,さらにFnはすべて素数であろうと予想したことによりこの名がある。フェルマーはまた (mod Fn)が成立することも示した。1732年にL.オイラーはF5=641×6700417と分解し,F5が合成数であることを発見した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android