コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フェン岩 フェンがんfenite

岩石学辞典の解説

フェン岩

混成作用による優白質アルカリ閃長岩で,ジュヴァイト(juvite)と共に産出し,イジョライトとの接触部で花崗岩片麻岩の熔融により形成されたもの[Brögger : 1921, 1921].粒状でアルカリ長石とエジリンオージャイト,ときにNa-角閃石からなり,方解石,スフェン,燐灰石,ジルコンなどを伴う.この岩石は,ブレガーがフェン地方の環状複合岩体の外側の角礫岩化した花崗岩質の岩石を交代作用による変質作用で形成されたと考えたものであるが,その後カーボナタイトと密接な関係があることがわかってきた[Brögger : 1921, Echermann : 1948].ノルウェー南部,フェン(Fen)地方に因む.

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

フェン岩の関連キーワードツヴェイタセン岩フェナイト化作用フェン岩化作用リンジャイト蛍石

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android