フェン岩(読み)フェンがん(英語表記)fenite

岩石学辞典の解説

フェン岩

混成作用による優白質アルカリ閃長岩で,ジュヴァイト(juvite)と共に産出し,イジョライトとの接触部で花崗岩─片麻岩の熔融により形成されたもの[Brögger : 1921, 1921].粒状でアルカリ長石エジリンオージャイト,ときにNa-角閃石からなり,方解石,スフェン,燐灰石ジルコンなどを伴う.この岩石は,ブレガーがフェン地方の環状複合岩体の外側の角礫岩化した花崗岩質の岩石を交代作用による変質作用で形成されたと考えたものであるが,その後カーボナタイトと密接な関係があることがわかってきた[Brögger : 1921, Echermann : 1948].ノルウェー南部,フェン(Fen)地方に因む.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

薬剤耐性菌

薬剤、特に抗生物質などに対する抵抗性を獲得した細菌。MRSA(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)・PRSP(ペニシリン耐性肺炎球菌)など。耐性菌。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android