コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フェン岩 フェンがんfenite

岩石学辞典の解説

フェン岩

混成作用による優白質アルカリ閃長岩で,ジュヴァイト(juvite)と共に産出し,イジョライトとの接触部で花崗岩片麻岩の熔融により形成されたもの[Brögger : 1921, 1921].粒状でアルカリ長石とエジリンオージャイト,ときにNa-角閃石からなり,方解石,スフェン,燐灰石,ジルコンなどを伴う.この岩石は,ブレガーがフェン地方の環状複合岩体の外側の角礫岩化した花崗岩質の岩石を交代作用による変質作用で形成されたと考えたものであるが,その後カーボナタイトと密接な関係があることがわかってきた[Brögger : 1921, Echermann : 1948].ノルウェー南部,フェン(Fen)地方に因む.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

フェン岩の関連キーワードツヴェイタセン岩フェナイト化作用フェン岩化作用リンジャイト蛍石