混成作用(読み)こんせいさよう(英語表記)hybridization; contamination

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

混成作用
こんせいさよう
hybridization; contamination

マグマが他の岩石や他のマグマ作用して,マグマ自身や他の岩石の組成を変える作用。 19世紀,20世紀初頭の岩石学では2種のマグマが混合し,中間の性質のマグマが生じることに対してこの言葉が使われた。現在ではマグマと周辺の岩石が反応し,マグマと岩石の組成が変化することに対して用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

混成作用【こんせいさよう】

(1)マグマの化学組成が外来物をとりこむことにより変化すること。マグマ分化の機構の一つ。(2)高度の変成作用で母岩とマグマ(多くは花コウ岩質)が混じり合って,ミグマタイトができる作用。ハイブリディズムともいう。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

こんせいさよう【混成作用】

取り込んだ外来物質の影響でマグマの組成が変化する現象。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android