コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

混成作用 こんせいさようhybridization; contamination

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

混成作用
こんせいさよう
hybridization; contamination

マグマが他の岩石や他のマグマ作用して,マグマ自身や他の岩石の組成を変える作用。 19世紀,20世紀初頭の岩石学では2種のマグマが混合し,中間の性質のマグマが生じることに対してこの言葉が使われた。現在ではマグマと周辺の岩石が反応し,マグマと岩石の組成が変化することに対して用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こんせい‐さよう【混成作用】

混成岩を形成する作用。
マグマが他の岩石を取り込んで化学組成が変化すること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

混成作用【こんせいさよう】

(1)マグマの化学組成が外来物をとりこむことにより変化すること。マグマ分化の機構の一つ。(2)高度の変成作用で母岩とマグマ(多くは花コウ岩質)が混じり合って,ミグマタイトができる作用。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

岩石学辞典の解説

混成作用

混成岩を形成する過程

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

こんせいさよう【混成作用】

取り込んだ外来物質の影響でマグマの組成が変化する現象。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

混成作用の関連キーワードミグマタイト的ペグマタイトカルク・アルカリ岩スヴィアトイノス岩ヴレデフォルト岩ツヴェイタセン岩エンゲルブルク岩シンテクシスウッデンド岩リンジャイトケダベック岩ホヴランド岩混生包有物アルカリ岩石英玄武岩クーゼル岩カウサイト球状花崗岩マルスコ岩フェン岩クレン岩

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android