コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フェーズドアレイレーダ phased-array radar

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フェーズドアレイレーダ
phased-array radar

目標の方位・高度・距離の測定を同時に行なえるレーダシステムの一つ。多数の放射素子を平面上に配列したアンテナを持ち,従来のようにアンテナを回転することなく,放射素子についている移送器を電子的に制御することにより,アンテナのビームを形成すると同時に,1面のアンテナで 90度以上の広範囲をカバーでき,ビーム走査に基づき,目標を捕そく・追尾できる。目標からの反射波を受信するときは,電子スイッチで自動的に切り替え,目標から距離情報を得る特徴を持つ。この方法のアンテナとは異なり,アレイ素子ごとに送受信モジュールを持ったアンテナで構成される最新型のシステムを,アクティブフェーズドアレイレーダという。これには,アレイ素子の送信機モジュールのいくつかが故障しても全体のシステムには,ほとんど影響がないという特徴がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

フェーズドアレイレーダの関連キーワードコンフォーマルレーダパトリオットイージス艦

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フェーズドアレイレーダの関連情報