コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

反射波 はんしゃは

百科事典マイペディアの解説

反射波【はんしゃは】

媒質中を進行する波動が異なった媒質との境界面で反射する波をいう。導波路ではインピーダンスZ1からZ2に変わる点があると導波路上を伝搬する電波(進行波)eはその点で反射され,e′=e(Z2−Z1)/(Z2+Z1)の反射波となって戻る(特性インピーダンス)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

反射波の関連キーワードアクティブレーダーホーミングフラウンホーファー回折アクティブホーミングドップラー流速分布計相関シューティング法海底表面探査機水中超音波機器合成開口レーダホーミング誘導反射法地震探査カッパーヘッド人感センサー超音波顕微鏡スマート砲弾気象レーダースピードガン衛星追跡設備超音波探傷器T2フェージング

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

反射波の関連情報