コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

反射波 はんしゃは

百科事典マイペディアの解説

反射波【はんしゃは】

媒質中を進行する波動が異なった媒質との境界面で反射する波をいう。導波路ではインピーダンスZ1からZ2に変わる点があると導波路上を伝搬する電波(進行波)eはその点で反射され,e′=e(Z2−Z1)/(Z2+Z1)の反射波となって戻る(特性インピーダンス)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

反射波の関連キーワードアクティブレーダーホーミングフラウンホーファー回折アクティブホーミング相関シューティング法ドップラー流速分布計合成開口レーダ海底表面探査機カッパーヘッド水中超音波機器ホーミング誘導反射法地震探査超音波顕微鏡フェージング地中レーダースマート砲弾T2超音波探傷器人感センサースピードガン気象レーダー

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

反射波の関連情報