コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フォルミア Formia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フォルミア
Formia

旧称モラディガエタ Mola di Gaeta,古代名フォルミアエ Formiae。イタリア中西部,ラツィオ州ラティナ県,ガエタ湾内の港町。ナポリ北西 70kmにある。ローマ時代には避暑地として栄え,ワインで有名であった。オレンジ,オリーブの栽培,ワイン醸造,マカロニなどの食品加工が盛ん。ローマの文人 M.キケロはこの近くで前 43年殺されたが,現在も彼の別荘跡が残る。人口3万 3982 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

フォルミアの関連キーワードアッピア街道

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android