翻車魚(読み)マンボウ

デジタル大辞泉の解説

まんぼう〔まんばう〕【翻魚】

フグ目マンボウ科の海水魚全長約3メートル。体は円形で側扁が著しく、尾びれを欠き、背びれ・しりびれがある。背側は暗灰色、腹部白色。上下の歯は癒合してくちばし状で、クラゲなどを食べる。温・熱帯海の表層単独で遊泳し、海面に横になって浮かぶこともある。著しい変態をし、幼期には長いとげをもつ。食用。うきぎ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

まんぼう【翻車魚】

フグ目の海魚。全長3メートルを超え、体重1.5トンに達する。体は卵形で、著しく側扁し、背びれ・尻びれとひだ状の舵びれが体の後端にあり、胴が途中で切れたような特異な体形をしている。背面は暗灰色、腹面は白色。外洋の中層にすみ、時に海面に浮かんでいたりする。クラゲ類を食べる。食用。温・熱帯海域に広く分布。ウキ。ウキギ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

翻車魚 (マンボウ)

学名:Mola mola
動物。マンボウ科の海水

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

まんぼう まんばう【翻車魚】

〘名〙 (歴史的かなづかいは、通常「まんばう」とするが、語源未詳) フグ目マンボウ科の海産魚。体は著しく側扁した卵円形で、体長約四メートル、体重約一・五トンにも及ぶ。個体発生の早い時期に尾部は吸収されてなくなり、かわりに舵鰭と呼ばれるものができる。成魚の背びれ・しりびれは体の後方にある。背方は暗灰色で、腹方は白色。動作は鈍く、体を横にして外洋の表層に浮かんでいることも多い。クラゲ類を食べる。北海道以南、世界中の温・熱帯域の海洋に広く分布。肉は白身で柔らかい。うきき。まんぼうざめ。〔大和本草(1709)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android