フサオヤマアラシ(読み)ふさおやまあらし(英語表記)brush-tailed porcupine

日本大百科全書(ニッポニカ)「フサオヤマアラシ」の解説

フサオヤマアラシ
ふさおやまあらし / 総尾豪猪
brush-tailed porcupine

哺乳(ほにゅう)綱齧歯(げっし)目ヤマアラシ科フサオヤマアラシ属に含まれる動物の総称フデオヤマアラシともいう。この属Atherurusには、アッサムからマレーシアまでのアジア南部に分布するアジアフサオヤマアラシA. macrourusと、ガンビアからケニアの西部とコンゴ民主共和国(旧、ザイール)南部に分布するアフリカフサオヤマアラシA. africanusの2種が知られる。夜行性で、6~8頭の小群で森林に生息し、おもに植物を食べ、昆虫や腐肉も食べる。頭胴長36~57センチメートル、尾長10~26センチメートル。体は細長く、四肢は短い。体上部は刺毛で覆われ、尾の先には刺毛が房状に生える。

[土屋公幸]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android