コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フッ素化合物 ふっそかごうぶつFluoride

翻訳|Fluoride

知恵蔵の解説

フッ素化合物

ガス状のフッ素化合物は、反応しやすく、水素と爆発的に反応してフッ化水素(HF)を生成し、水蒸気と反応するとフッ酸になる。ガス状のフッ素化合物は、低濃度でも植物に有害である。フッ化水素は、有毒で皮膚を侵食し、肝臓や腎臓障害を引き起こす。飲料水中にフッ素が、1リットルにつき5ミリグラム以上含まれると、歯や骨に害を与えて、斑状歯や骨硬化症などのフッ素病の原因となる。兵庫県宝塚市水道水のフッ素含有地下水による斑状歯被害は有名である。 フッ素樹脂の製造所、半導体工場、製鉄所、アルミニウム製錬所、メッキ工場、ガラス工場などで使われ、工場排煙・排水や産業廃棄物などに含まれる。人体への健康被害を防ぐために、大気排出基準は施設の種類により1立方メートルにつき1〜20ミリグラム、排水基準は1リットルにつき8ミリグラム、水質環境基準は1リットルにつき0.8ミリグラムと定められたが、近年、土壌・地下水や廃棄物処分場周辺でよく検出されている。

(畑明郎 大阪市立大学大学院経営学研究科教授 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

フッ素化合物の関連キーワードプラズマエッチングステラ ケミファフッ化カルシウムグリニャール反応乾式エッチングヒルデブランド弗化カルシウムフッ化水素酸エコチル調査薬液注入工法モアッサンフッ素化学フッ化物冷凍機サリン火山

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フッ素化合物の関連情報