コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フデリンドウ(筆竜胆) フデリンドウGentiana zollingeri; gentian

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フデリンドウ(筆竜胆)
フデリンドウ
Gentiana zollingeri; gentian

リンドウ科の越年草で,東アジアの温帯に広く分布する。日本各地の日当りのよい山野に生える。は高さ5~10cmぐらいで直立し,なかほどから上に葉をつける。葉は密に対生し,長さ 1cm前後の広卵形で小さく,全縁でやや厚い。4~5月に,茎に頂生して数個の青紫色の花をつける。萼は緑色で5裂し,花冠は長さ 2cmあまりの長い鐘状で裂片5個の間に副裂片がある。 蒴果は長い柄があり,中に小さい種子を多数含む。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

フデリンドウ(筆竜胆)の関連キーワードリンドウ科

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android