リンドウ科(読み)りんどうか

  • Gentianaceae

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

双子葉植物、合弁花類。草本まれに低木。葉は多くは柄はなく、対生または互生し、全縁で托葉(たくよう)はない。花は両性、放射相称で4、5数性。萼(がく)は筒状で、合生または離生する萼片からなる。花冠はつぼみのとき渦巻状に重なる。子房は上位で普通1室、1個の側膜胎座に多数の胚珠(はいしゅ)がつく。果実は蒴果(さくか)まれに液果、種子は多数で胚乳がある。この科はゲンチオピクリン(苦味配糖体)を含有し、苦味をもつ種類があり、薬草となるものが多い。世界の温帯から寒帯に約70属1100種、日本に10属約34種が分布する。外来のトルコギキョウ属、ベニヒメリンドウ属などが観賞用に栽培される。

[高橋秀男]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android