コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フニン県 フニンJunín

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フニン〔県〕
フニン
Junín

ペルー中部内陸の県。県都ワンカヨ。首都リマがある太平洋岸のリマ県の東に接する県で,アンデス山脈中に位置し,ほぼ全域がアマゾン川水系アプリマク川下流域に属する。住民の大半を占める都市人口は,県都から北西へラオロヤにいたるマンタロ川河谷に集中。ラオロヤには大規模な鉱石精錬所がある。ペルーのアンデス山中の県のうち最も豊かな県の一つで,鉱業のほか,肥沃な山間盆地でコムギオオムギ,ジャガイモ,東部のアンデス東斜面下部ではコーヒー,カカオ,サトウキビなどの栽培が盛ん。西部を中心に鉄道・道路網が発達し,アンデス山中の諸都市のほか,太平洋岸,アマゾン低地とも連絡。面積4万 4410km2。人口 110万 6500 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

フニン県の関連キーワードトゥパク・アマル革命運動ラ・オロヤ