コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フライブルク大聖堂 フライブルクダイセイドウ

デジタル大辞泉の解説

フライブルク‐だいせいどう〔‐ダイセイダウ〕【フライブルク大聖堂】

Freiburger Münster》ドイツ南西部、バーデン‐ビュルテンベルク州の都市、フライブルクにある大聖堂。1354年に起工、1513年に完成。ロマネスク様式とゴシック様式が混在し、高さ116メートルの尖塔(せんとう)がある。芸術的価値が高い祭壇やステンドグラスが有名。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のフライブルク大聖堂の言及

【フライブルク】より

…第2次大戦中爆撃によって旧市街は破壊されたが,大聖堂などは残った。【坂井 栄八郎】
[フライブルク大聖堂]
 1200年ごろ,末期ロマネスク建築として着工されたあと,ゴシック時代を通じて身廊,塔,内陣の順で造営と改築が進められた。トレーサリー(狭間飾)だけからなる尖塔部をつけた単塔は,ドイツ・ゴシック建築の最美のものである。…

※「フライブルク大聖堂」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

フライブルク大聖堂の関連キーワードロマネスク様式バルドゥングゴシック様式

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android