コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フライブルク大聖堂 フライブルクダイセイドウ

デジタル大辞泉の解説

フライブルク‐だいせいどう〔‐ダイセイダウ〕【フライブルク大聖堂】

Freiburger Münster》ドイツ南西部、バーデン‐ビュルテンベルク州の都市、フライブルクにある大聖堂。1354年に起工、1513年に完成。ロマネスク様式とゴシック様式が混在し、高さ116メートルの尖塔(せんとう)がある。芸術的価値が高い祭壇やステンドグラスが有名。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内のフライブルク大聖堂の言及

【フライブルク】より

…第2次大戦中爆撃によって旧市街は破壊されたが,大聖堂などは残った。【坂井 栄八郎】
[フライブルク大聖堂]
 1200年ごろ,末期ロマネスク建築として着工されたあと,ゴシック時代を通じて身廊,塔,内陣の順で造営と改築が進められた。トレーサリー(狭間飾)だけからなる尖塔部をつけた単塔は,ドイツ・ゴシック建築の最美のものである。…

※「フライブルク大聖堂」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

フライブルク大聖堂の関連キーワードロマネスク様式バルドゥングゴシック様式

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android