コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フライング・スポット・スキャナ管 フライング・スポット・スキャナかんflying spot scanner tube

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フライング・スポット・スキャナ管
フライング・スポット・スキャナかん
flying spot scanner tube

テレビ放送でフィルム上の画像を送るために使用されるもので,残光のきわめて短いブラウン管の一種。画像は次のようにして送られる。フライング・スポット管上で輝点をラスタ状に走査し,その輝点をレンズを用いてフィルム上に集束させる。フィルムを透過した光はフィルムの濃淡に応じて変調され,光電子増倍管に入って電気信号に変えられる。これをビデオ信号として取出し,送信する。高密度の鋭い電子ビームを得るために電子銃の口径をできるだけ大きくして収差を小さくしている。静電収束方式を用い,加速電圧は通常 20~25kVである。白黒フィルム,カラーフィルム用に別々のケイ光体を用いる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android