フラックスゲートセンサー(英語表記)fluxgate sensor

デジタル大辞泉の解説

フラックスゲート‐センサー(fluxgate sensor)

パーマロイなどの軟質磁性体の一次コイルに交流電流を通し、外部磁場の大きさに比例して二次コイルに発生する電圧を測る磁力計。常温でも極めて高感度で小型化が容易であり、携帯電話の電子コンパスや地球科学分野の磁力計などに利用される。フラックスゲート型磁気センサー

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android