常温(読み)じょうおん(英語表記)normal temperature

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「常温」の解説

常温
じょうおん
normal temperature

大気の標準的な温度として 15~25℃を意味する。物理量が温度や圧力の変化に対し敏感に変動せず,通常の大気状況でのおよその値が知れればよいとき,実験や測定のおよその条件を表示するのに用いられる。たとえば,常温・常圧の空気中での音速は1秒間に約 340mである,と表現する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「常温」の解説

じょう‐おん〔ジヤウヲン〕【常温】

常に一定した温度。恒温。「常温を保つ」
熱したり冷やしたりしない自然な温度。ふつう、セ氏15度をいう。「常温では液体の物質」「常温で六〇日保存可能」
一年中平均温度。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「常温」の解説

じょう‐おん ジャウヲン【常温】

〘名〙
① 常に一定した温度。〔水経注〕
② 特に冷やしたり熱したりしない自然のままの温度。ふつう摂氏一五度をいう。
※舎密開宗(1837‐47)内「大気の常温にては固形を為す」
③ 平常の温度。一年中の平均の温度。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android