コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

常温 じょうおんnormal temperature

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

常温
じょうおん
normal temperature

大気の標準的な温度として 15~25℃を意味する。物理量が温度や圧力の変化に対し敏感に変動せず,通常の大気状況でのおよその値が知れればよいとき,実験や測定のおよその条件を表示するのに用いられる。たとえば,常温・常圧の空気中での音速は1秒間に約 340mである,と表現する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

じょう‐おん〔ジヤウヲン〕【常温】

常に一定した温度。恒温。「常温を保つ」
熱したり冷やしたりしない自然な温度。ふつう、セ氏15度をいう。「常温では液体の物質」「常温で六〇日保存可能」
一年中の平均温度。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じょうおん【常温】

常に一定した温度。恒温こうおん
特に冷やしたり、熱したりしない温度。平常の温度。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

常温の関連キーワードcold permaトラフィックペイントエチレングリコールフタル酸樹脂塗料ロングライフ食品ドライコンテナオーステナイト揮発性脂肪酸シアノーゲンヘキサデセンエラストマー揮発性アミン揮発性化合物レトルト食品好中温性細菌ニトロゲンイオン液体チアゾール低温核融合単原子気体

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

常温の関連情報