コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フランネルゴケ Dictyonema morrei (Nyl.) Henss.

世界大百科事典 第2版の解説

フランネルゴケ【Dictyonema morrei (Nyl.) Henss.】

関東以南の暖地に生えるケットゴケ科の担子地衣類。ラン藻類のスキトネマ属Scytonemaと共生して,深緑色のけば立った地衣体をつくり,岩上や蘚類上に広がるが,明らかな裂片は形成しない。地衣体の裏に白色の子実層を形成し,担子胞子をつくる。ケットゴケ属Dictyonemaは日本産2種が知られ,ケットゴケD.sericeum (Sv.) Berk.は毛布を半円形に敷き並べたような外観をもつ。【柏谷 博之】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android