コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フラー土 フラーど fuller's earth

翻訳|fuller's earth

1件 の用語解説(フラー土の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

フラー土

モンモリロナイト質粘土で,砕いて水を加えると可塑性に富む泥になる.この名称は布晒し業者(fulller)が羊毛から脂を除くために使用したことから来ている.吸着活性の強い粘土で,油の濾過や染料の漂白に用いられており,特に織物の漂白過程で脱脂用に用いられ,特に油脂の精製脱色に用いる.家庭用の水の洗浄にも使用される.フラー土の中には水中に溜まった浮石質凝灰岩から形成されたり,ベントナイト質の岩石から再形成されたものがある[Arkell & Tomkeieff : 1953, Bateman : 1952, Hatch, et al. : 1971,ランダムハウス : 1994].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フラー土の関連キーワードモンモリロナイトモンモリロン石シアルライトガソウルアロフェノイドダウニアライトドウビッソナイトナルチキンアスカングリナ吸着粘土

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フラー土の関連情報