コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フラー土 フラーどfuller's earth

翻訳|fuller's earth

岩石学辞典の解説

フラー土

モンモリロナイト質粘土で,砕いて水を加えると可塑性に富む泥になる.この名称は布晒し業者(fulller)が羊毛から脂を除くために使用したことから来ている.吸着活性の強い粘土で,油の濾過や染料の漂白に用いられており,特に織物の漂白過程で脱脂用に用いられ,特に油脂の精製脱色に用いる.家庭用の水の洗浄にも使用される.フラー土の中には水中に溜まった浮石質凝灰岩から形成されたり,ベントナイト質の岩石から再形成されたものがある[Arkell & Tomkeieff : 1953, Bateman : 1952, Hatch, et al. : 1971,ランダムハウス : 1994].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

フラー土の関連キーワードガラクタイトスメクタイトシモリアン土マルササイトウォーカー土ケフェキルギリアビー漂白粘土酸性白土漂布土白土

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android