コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

漂白 ひょうはく bleaching

6件 の用語解説(漂白の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

漂白
ひょうはく
bleaching

繊維,布,紙などに含まれる色素を化学的に分解して脱色し,白くすることをいう。漂白には,酸化漂白と還元漂白がある。酸化漂白剤としては過酸化水素過酸化ナトリウム,過酸化ホウ酸ナトリウム過マンガン酸カリウムさらし粉次亜塩素酸ナトリウムなどがあり,還元漂白剤としては二酸化硫黄亜硫酸水素ナトリウムハイドロサルファイトなどがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ひょう‐はく〔ヘウ‐〕【漂白】

[名](スル)色のついた繊維や食品などを天日にさらしたり、漂白剤を用いたりして白くすること。「布巾を―する」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

漂白【ひょうはく】

紙,繊維製品などを白くすること。不純物として含まれる色素を漂白剤で酸化または還元して脱色する。かつては天日さらしが行われたが,やがて塩素ガスさらし粉などが使われるようになり,最近では過酸化水素水による処理と蛍光増白剤による処理を併用することが多い。
→関連項目染色脱色剤

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

漂白

 繊維や食品の色を除いて白くする処置.通常酸化還元反応を利用する.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ひょうはく【漂白 bleaching】

有色の物質を化学的に分解あるいは変化させ無色の物質にすること。漂白がしばしば行われる代表的分野として染色工業食品工業があるが,いずれの場合も一般的には酸化漂白が普通である。繊維の漂白は染色の準備工程として重要であり,また白のまま製品とするときは一般の漂白のほかに白さを増す目的で蛍光増白剤が用いられるが,これは漂白というよりは染色として扱うべきである。なお食品の漂白については〈食品漂白剤〉の項目を参照されたい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ひょうはく【漂白】

( 名 ) スル
天日や水にさらしたり、薬品を使ったりして白くすること。 「布を-する」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

漂白の関連キーワード化学記号環境容量クロロゲン酸化学的化学変化脱色物理変化化学修飾化学品還元性漂白剤

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

漂白の関連情報