コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フリントガラス flint glass

翻訳|flint glass

百科事典マイペディアの解説

フリントガラス

酸化鉛を含むガラスをさすこともあるが,一般には鉛ガラスのうち光学ガラスとして用いられるものをいう。クラウンガラスに比べ,一般に屈折率は高いが波長依存性を示すアッベ数は低い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

フリントガラス

鉛ガラス。屈折率・分散能ともに高く、加工しやすい。鉛を含まないクラウン-ガラスと組み合わせて色消しレンズを作る。光学機械・装飾に使われる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フリントガラス
ふりんとがらす

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のフリントガラスの言及

【光学ガラス】より

…研磨材には,酸化セリウム,酸化ジルコニウム,べんがら(酸化鉄),酸化クロムなどが使用される。現在製造されている光学ガラスは200種以上に及ぶが,組成を大別すると,成分中にPbOを含まないクラウンガラス系と,それを含むフリントガラス系の古典的組成のもの,すなわちクラウン系(SiO2‐B2O3‐R2O R=Na,K),フリント系(SiO2‐R2O‐PbO),バリウムフリント系(SiO2‐BaO‐PbO),バリウムクラウン系(SiO2‐B2O3‐BaO)があり,ほかに希土類とくにランタンを多く含有するランタン系,さらにリン酸塩系,フッ化物含有系などの特殊組成もある。図に光学ガラスの種類を屈折率とアッベ数の関係で示す。…

【鉛ガラス】より

…PbO成分はガラスの屈折率を高め,同時に分散,すなわち光の波長による屈折率の変化も大きくなるため,カットしたときに美しい外観をもつようになる。PbO‐K2O‐SiO2系の光学ガラスはフリント系(フリントガラス)と呼ばれる古典的組成のものの一つである。PbO含有量が90%を超すような組成のものもある。…

※「フリントガラス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

フリントガラスの関連キーワードリン酸ビスマス(III)ファラデー効果色消しレンズ直視プリズム天体望遠鏡クラウン酸化鉛アッベ

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android