酸化鉛(読み)さんかなまり(英語表記)lead oxide

日本大百科全書(ニッポニカ)「酸化鉛」の解説

酸化鉛
さんかなまり
lead oxide

鉛と素の化合物。次のものがよく知られているが、その他にもPb2O3、Pb12O17、Pb12O19なども存在する。

(1)酸化鉛(Ⅱ)(一酸化鉛) 天然にマシコットとして低温型が産する。古くから顔料などとして用いられていた。黄色、斜方晶系の高温安定型(β(ベータ)型)と、橙赤(とうせき)色、正方晶系の低温安定型(α(アルファ)型)の2種がある。α型を488℃に熱するとβ型となる。α型を金密陀(みつだ)、β型を銀密陀ともいう。融解した鉛に空気を吹き込んだり、炭酸鉛PbCO3または硝酸鉛Pb(NO3)2などを空気中で加熱して得られる黄色粉末を冷却すると、橙赤色のものが得られ、一般にリサージあるいは密陀僧とよばれる。両性酸化物で、酸に溶けて鉛(Ⅱ)塩、アルカリに溶けて亜鉛(あなまり)酸塩M2PbO2となる。塩化ビニル安定剤、農薬(ヒ酸鉛)、塗料、光学ガラス、蓄電池、鉛丹(えんたん)の製造に用いられる。有毒。

(2)酸化鉛(Ⅳ)(二酸化鉛) 酸化鉛(Ⅱ)を塩素酸ナトリウムと融解酸化するか、鉛(Ⅱ)塩のアルカリ性溶液を次亜塩素酸塩で酸化してつくる。褐色の粉末。290℃で三酸化二鉛Pb2O3(PbO・PbO2)と酸素に分解し、370℃で四酸化三鉛Pb3O4となる。強い酸化剤で、濃塩酸と温めると塩素ガスを発生する。過酸化鉛とよばれたことがあるが、ルチル型の結晶構造をもつので過酸化物(O-O結合を含む)ではなく過酸化鉛は誤称である。濃水酸化アルカリ溶液に溶けて鉛(Ⅳ)酸塩となる。有機合成での酸化剤、電池、花火、ポリ硫化物の硬化剤に用いる。

(3)酸化鉛(Ⅳ)鉛(Ⅱ) 化学式Pb3O4。PbとPbの共存するPb2PbO4である。赤色結晶の比重は9.07。四酸化三鉛、赤色酸化鉛、鉛丹、光明丹(こうみょうたん)ともよばれる。

[守永健一・中原勝儼]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

化学辞典 第2版「酸化鉛」の解説

酸化鉛
サンカナマリ
lead oxide

下記の4種類の鉛酸化物の総称.単に酸化鉛というときは一酸化鉛のことをいう.【】一酸化鉛:PbO(223.20).[CAS 1317-36-8]【四酸化三鉛:Pb3O4(685.60).[CAS 1314-41-6]【】三酸化二鉛:Pb2O3(462.40).酸化鉛(Ⅳ)鉛(Ⅱ)ともいう.酸化鉛(Ⅱ)PbOをカセイアルカリ水溶液に溶かし,臭素を加えて酸化すると沈殿する.黄赤色の無定形物で水和水を失いにくい.加熱すると360 ℃ で分解をはじめ,四酸化三鉛となる.酸,アルカリ水溶液に可溶,冷水に不溶.熱水では徐々に分解する.[CAS 1314-27-8]【二酸化鉛:PbO2(239.20).[CAS 1309-60-0] 
いずれの化合物も両性を示し,水に不溶である.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

百科事典マイペディア「酸化鉛」の解説

酸化鉛【さんかなまり】

(1)酸化鉛(II)PbO。密陀僧(みつだそう),リサージ,金密陀などとも。金属鉛の粉末を空気中で熱してつくられる黄色ないし赤色の粉末。比重8.0〜9.53,融点888℃。常温で安定,水に不溶。鉛ガラス原料,ゴムの加硫促進剤,医薬品。有毒。(2)酸化鉛(IV)PbO2。比重9.37。水に不溶の茶褐色粉末。酸化剤,蓄電池に使用。PbO,Pb3O4などを酸化してつくる。(3)四酸化三鉛Pb3O4。比重9.1。水に不溶の赤色無定形粉末。鉛丹(えんたん)あるいは光明丹(こうみょうたん)と呼ばれ,古くから赤色顔料として用いられている。鉛粉またはPbOを空気中で約500℃に熱してつくる。有毒。
→関連項目鉛ガラス密陀僧

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「酸化鉛」の解説

さんか‐なまり サンクヮ‥【酸化鉛】

〘名〙 鉛の酸化物。
① 一酸化鉛。化学式 PbO 金属鉛を空気中で加熱すると無定形のものが得られ、さらに融解・冷却すると黄色の結晶となる。黄色斜方晶系のものを金密陀(きんみつだ)、黄色正方晶系のものを密陀僧(みつだそう)という。鉛化合物、鉛ガラス・鉛釉・顔料などの原料。ゴム加硫剤、医薬品などにも使用。酸化第一鉛。リサージ。
② 二酸化鉛。化学式 PbO2 茶褐色、正方晶系の粉末。酸化剤、鉛蓄電池の正極板などに用いられる。酸化第二鉛。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「酸化鉛」の解説

酸化鉛
さんかなまり
lead oxide

酸化数 1,2,4の化合物と混合原子価の化合物,四酸化三鉛 Pb3O4(PbII2PbIVO4),三酸化二鉛 Pb2O3(PbIIPbIVO3)があり,よく知られているものは酸化鉛(II)と酸化鉛(IV)。
(1) 酸化鉛(II),一酸化鉛 PbO。黄色ないし赤色の粉末。鉛ガラス,ゴム加硫促進剤に用いられる。劇薬
(2) 酸化鉛(IV),二酸化鉛 PbO2。褐色粉末。酸化剤,鉛蓄電池の電極に用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版「酸化鉛」の解説

さんかなまり【酸化鉛 lead oxide】

亜酸化鉛,酸化鉛(II),四酸化三鉛,三酸化二鉛,酸化鉛(IV)などの総称。いずれも両性酸化物で,水に不溶,酸,アルカリに溶ける。
[亜酸化鉛]
 化学式Pb2Oで表されるが,金属鉛Pbと酸化鉛(II)PbOとの混合物であって,単一の化合物ではない。溶融した鉛を空気中で表面酸化するか,シュウ酸鉛PbC2O4を二酸化炭素中で加熱して得られる黒色無定形物質
[酸化鉛(II)]
 一酸化鉛ともいう。化学式PbO。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android