コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フルリ語 フルリごHurrian language

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フルリ語
フルリご
Hurrian language

前2千年紀に小アジア東部で行われていた言語。アナトリア諸語の一つで,非インド=ヨーロッパ語系。ミタンニ語スバラヤ語とも呼ばれる。楔形文字碑文から知られ,はるかのちのウラルトゥ語と親縁関係にあることが知られている。さらに両者をカフカス諸語に関連づけようとする説もあるが,明確な系統関係はわからない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

フルリ語の関連キーワードギルガメシュ叙事詩メソポタミア神話ギルガメシュ物語ヒッタイト語ヒッタイトウラルトゥフルリ人エラム語粘土板死語ヌジ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android