千年紀(読み)せんねんき

精選版 日本国語大辞典の解説

せんねん‐き【千年紀】

〘名〙 (millennium の訳語) 西暦で、およそキリスト誕生の年から千年を一期として、以後千年ずつ区切って数える時代区画の称。百年単位の世紀に対していう。ミレニアム。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の千年紀の言及

【世紀】より

…前者の考えは,かつて西暦1000年の直前に現実性をもち,また後者はいわゆる千年王国説に根拠をあたえた。現代ではこの計数法は,考古学等において,前2千年紀(前2000‐前1001年)というような〈千年紀millennium〉という表示法として使用されている。【樺山 紘一】 中国語の〈世紀〉は,《帝王世紀》(西晋の皇甫謐(こうほひつ)の著)という書名に残るように〈世系の記録〉を意味した。…

※「千年紀」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android