コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フルンボイル(呼倫貝爾)高原 フルンボイルこうげんHulun Boir gaoyuan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フルンボイル(呼倫貝爾)高原
フルンボイルこうげん
Hulun Boir gaoyuan

日本ではホロンバイル高原の名で知られる。中国北部,内モンゴル (蒙古) 自治区北東部にある高原。モンゴル高原の東端で,フルンボイル盟の西半にあたる。標高は 700~1000m。東にはターシンアンリン (大興安嶺) 山脈が連なり,多数の河川が流出して西縁を流れるエルグン (額爾古納) 川に注いでいる。地表はおおむね砂質土壌で,西部にフルン (呼倫) 湖,ボイル (貝爾) 湖があるほか,沼沢地やアルカリ湿地も多い。年降水量 300mm。草原が広がり,ウマ,ウシ,ヒツジのすぐれた放牧地となっている。灌漑施設の建設や大型機械の導入によって,草地の拡大,改良がはかられている。モンゴル系のバルガ (巴爾虎) 族の故地で,バルガ高原とも呼ばれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

フルンボイル(呼倫貝爾)高原の関連キーワード内モンゴル(蒙古)自治区東部モンゴル高原

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android