コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フレデリクスハムンの和議 フレデリクスハムンのわぎ

世界大百科事典 第2版の解説

フレデリクスハムンのわぎ【フレデリクスハムンの和議】

1809年9月7日,フレデリクスハムンFredrikshamn(現,フィンランド領ハミナ)でスウェーデンとロシア間で締結された和議。1808年ナポレオンの命によりロシアはイギリスと同盟関係にあるスウェーデンを攻撃した。不利な戦局の中でスウェーデンにクーデタが勃発,王が廃位されて戦争続行が不可能となり,ロシアに屈服した。同和議で500年近く領有した全フィンランド,オーランド島,本土の一部を割譲し,大陸封鎖への参加も強要され,永年のバルト海の大国も小国に転じた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

フレデリクスハムンの和議の関連キーワードカルル13世オールコッククーパームラビヨフロッシュ大草公弼三枝斐子ムラヴィヨーフラーマ[1世]グスタフ4世

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android