コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大陸封鎖 たいりくふうさ

4件 の用語解説(大陸封鎖の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

大陸封鎖【たいりくふうさ】

1806年以後フランス皇帝ナポレオン1世がとった対英経済封鎖政策。ベルリン勅令(1806年)・ミラノ勅令(1807年)によってヨーロッパ諸国の対英貿易を禁止,英本国とその植民地産品の没収,それらの地に寄港した船舶の大陸入港禁止等を命じた。
→関連項目ティルジット条約ナポレオン戦争ボナパルトミラノ勅令モスクワ遠征

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

たいりくふうさ【大陸封鎖 blocus continental[フランス]】

ナポレオン1世が,敵国イギリスの国力に打撃を与えるために,みずからの支配するヨーロッパ大陸諸国とイギリス(およびその植民地)との間の交通や通商を全面的に禁止し,イギリスに対してヨーロッパ大陸の市場を閉鎖しようとした政策をいう。この大陸封鎖は,1806年のベルリン勅令と翌年のミラノ勅令によって命令されたものであるが,それに関連する諸政策を含めた総称として,大陸制度continental systemと呼ばれる場合もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大陸封鎖
たいりくふうさ

大陸制度」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大陸封鎖
たいりくふうさ
Blocus continentalフランス語

ナポレオン1世が、トラファルガーの海戦(1805)で敗れた報復措置として、ヨーロッパ諸国に号令して経済的にイギリスの活動を封殺しようとした政策。ナポレオンは、1806年11月、ベルリン勅令の名で「陸によって海を征服する」決意を表明し、ロシアからスペインに及ぶ大陸諸国に、イギリスとの貿易、商業関係の中止を訴え、イギリスはもとよりイギリス植民地の製品を即時に没収すべき命令を下した。そして翌07年ミラノ勅令を発し、イギリスに寄港した商船はすべて拿捕(だほ)されるべき命令を付け加えた。イギリスに対し、ヨーロッパの市場を閉鎖し、あわせてフランス産業と商業の大陸進出を促そうとするのが、第一の眼目であった。イギリスは当然多大の打撃と衝撃を被った。が、同時に大陸諸国も取引上不都合な損失を受け、非難の声が年ごとに高まる傾向を生じた。なかでもロシアや東ヨーロッパ諸国は木材、穀物の輸出先をイギリスに定めていた関係で、唯一の商品市場を失い、土地貴族、独占商人の不満を誘発した。またオランダやスペインの生産者や商人も少なからぬ被害を感じた。そのため密輸が横行し、闇(やみ)行為の絶え間がなかった。当のフランスでも、商業資本家と産業人の間に意見と利害の対立が生じた。ポルトガルが離反し、ロシアが同盟から離脱した。この結果、ナポレオンは1812年のモスクワ遠征を企画したのである。[金澤 誠]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大陸封鎖の関連キーワードナポレオン岩ナポレオン戦争奈翁ルイナポレオンナポレオンフィッシュナポレオン狂島のナポレオンナポレオンの密書ルイ・ナポレオンナポレオン金貨

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大陸封鎖の関連情報