コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フローサイトメトリー flow cytometry

デジタル大辞泉の解説

フロー‐サイトメトリー(flow cytometry)

サイトメトリーの一。細胞の浮遊液や懸濁液を細管に通し、短時間で多量(1秒間に数千個以上)の細胞数を計測したり、蛍光や散乱光を測定したりする分析手法のこと。これに用いる測定装置をフローサイトメーターという。1947年に米国の技術者W=コールターが基本原理を考案し、1953年に実用化された。FCM

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

栄養・生化学辞典の解説

フローサイトメトリー

 細胞集団を構成する細胞の大きさやDNA含量,細胞表面の抗原などの情報を得る方法で,細胞を水流中に流し,励起光をあてて蛍光を測定する.それによって得られる情報をもとに細胞を分別するなども可能になっている.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android