コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フンタマカビ(糞玉黴) フンタマカビSordaria fimicola

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フンタマカビ(糞玉黴)
フンタマカビ
Sordaria fimicola

子嚢菌類タマカビ目フンタマカビ科。小さい洋なし形の被子器を生じる。上部の細い部分に孔口を生じ,側糸がその内側に密生している。子嚢は多数生じ,成熟すると次々に孔口に伸びてゼラチン質の鞘に包まれた暗褐色胞子が塊になって出てくる。この胞子は草食動物の腸を通ってのち糞上で発芽する。汎世界種である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android