コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

草食動物 ソウショクドウブツ

4件 の用語解説(草食動物の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

そうしょく‐どうぶつ〔サウシヨク‐〕【草食動物】

草食性の動物。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

そうしょくどうぶつ【草食動物 herbivorous animals】

(1)草本植物の葉を主食とする哺乳類,(2)植物食性の動物の2通りの意味で使われる。本来は前者のみを意味するものであったが,一方では哺乳類以外の動物一般へ,一方では草の葉以外の植物体一般へと定義が拡張されて,後者の意味が生まれた。英語では草の葉食の動物grazersと木の葉食の動物browsersとを使い分けることもある。また,(1)と(2)の中間の用法もある。例えば,草の葉食の鳥獣と昆虫,植物食の哺乳類,草木の葉を食べる鳥獣などを指していうこともある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

そうしょくどうぶつ【草食動物】

草食性の動物。ウマ・ウシ・ヒツジなど哺乳類に多い。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

草食動物
そうしょくどうぶつ

植物性の食物を摂取する動物をさす。このような食性を草食性という。この食性の動物に植食動物の語をあてて、草本植物を食べるものに限定してこの語を用いる場合もある。植物性の食物には、葉、枝、幹、果実、根、花と花粉、蜜(みつ)、藻体などさまざまな形態があり、同じ分類群の草食動物のなかでも摂食器官や消化器官は食物に応じて多様な形態をしている。たとえば、反芻(はんすう)を行う有蹄(ゆうてい)類では胃が大きく分室している。また、ウサギは盲腸が著しく大きい。しかし普遍的な特徴もある。一般に草食動物の腸は体の大きさに比べて長く、この特徴は哺乳(ほにゅう)類だけでなく魚類にも当てはまる。臼歯(きゅうし)が文字どおり臼(うす)状なのは哺乳類に一般的である。植物質は繊維質などが多いために消化しにくい。大きな消化器官や臼状の歯はそれに対して発達したものである。消化方法にも特異なものがある。有蹄類の反芻やウサギ、ネズミなどの糞(ふん)の再食がそれである。
 草食動物は生態系のなかでは一次消費者であり、植物の生産した有機物質を摂取する一方、肉食動物に食べられるか、またその死体や排出物が分解されることによって物質の流れを形成している。植物は活発に移動しないので草食動物は容易に食物を得られるが、家畜の過放牧や昆虫の大発生による草木や作物の食害以外には、極度に植物を減らすことは少ない。草食動物の個体数は、肉食動物による捕食や、植物の量、また同種・異種の草食動物との競争などによって増減する。たとえば、プラタナスやサクラなどの街路樹を食い荒らすアメリカシロヒトリは、その幼虫期に小鳥やアシナガバチの捕食によって死亡率が高くなることが知られている。[高村健二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

草食動物の関連キーワードウオクイコウモリ越年生植物海象草本帯多年生植物肉食動物二十日鼠哺乳期米飯給食草本植物

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

草食動物の関連情報