コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フージェール Fougères

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フージェール
Fougères

フランス西部,イルエビレーヌ県の都市。レンヌの北東 47kmにある。曲流する河流の岬状の岩山上に建設された砦を中心に発展。 12世紀に建設された城壁には 13個の塔があり,中世の数多くの包囲戦で知られる。以前はなめし皮,木靴タイルなどが製造されていたが,現在は,おもに靴が生産される。酪農も盛ん。ブルターニュ地方土器などを集めた博物館,15~18世紀の聖シュルピス聖堂などがある。人口2万 3138 (1990) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

フージェールの関連キーワードアルベール コルベジェフージェール城跡ブルターニュフジェール

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android