コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フード・マイレージ ふーどまいれーじFood Mileage

知恵蔵の解説

フード・マイレージ

輸入食料に関わる環境負荷を数値化するため、1994年に英国で提唱された食料の生産地から消費地までの距離に着目した「フード・マイルズ(Food Miles)」の考え方を基に、農林水産政策研究所が算出した数値。食料品目別に相手国別輸入量と、食料の輸出国の輸出港から日本の輸入港までの海上輸送距離を掛け合わせ算出し累積したもので、航空会社のマイレージ・プランになぞらえて命名された。2001年の日本のフード・マイレージは9000億トン・キロメートル(t・km)で、国内全貨物輸送量の1.6倍に相当。諸外国と比較しても韓国・米国の約3倍、英国・ドイツの約5倍、フランスの約9倍である。日本のフード・マイレージの7割は穀物と大豆が占めており、それも米国、カナダ、豪州などの遠隔地からの輸入に依存しているのが特徴。輸送構造的に、地球環境に相当程度の二酸化炭素排出での負荷があると指摘されている。

(永田雅啓 埼玉大学教授 / 松尾寛 (株)三井物産戦略研究所副所長 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

フード・マイレージの関連キーワードフードマイレージ

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android