ブッフ型変成作用(読み)ブッフがたへんせいさよう(英語表記)Buchan type metamorphism

岩石学辞典の解説

ブッフ型変成作用

スコットランドのアバディーンシャー(Aberdeenshire)およびバンフシャー(Bannffshire)でダルラディアン・テレーン(Dalradian terrain)に特徴的な広域変成作用の型.ここでは多くの岩石には内部変形が少なく,空晶石と珪線石が泥質岩の中に含まれる.一方,この地域の高変成度の部分にはミグマタイトが普通に見られる.ここでは変成作用は地熱勾配が大きく低い応力の条件下で行われたと推測されている[Read : 1952].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android