コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

珪線石 ケイセンセキ

大辞林 第三版の解説

けいせんせき【珪線石】

アルミニウムのケイ酸塩鉱物の一。斜方晶系。灰白色のガラス光沢があり、繊維状結晶の集合体として変成岩中に産する。耐火材の窯業原料。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

珪線石
けいせんせき
sillimanite

針状ないし繊維状結晶が平行に集合して産する鉱物。まれに板柱状結晶をなす。アルミニウムに富む片麻岩や結晶片岩中、ときには接触変成岩中に産する。また変成ペグマタイトや広域変成岩地域の花崗岩(かこうがん)ペグマタイト中にもみられる。紅柱石、藍晶石(らんしょうせき)と同質異像をなし、変成温度、圧力によって出現する鉱物が異なる。珪線石は高温低圧領域で安定である。日本では紅柱石より産出はまれであるが、藍晶石より産出例は多い。英名はアメリカの化学者シリマンBenjamin Silliman(1779―1864)にちなんで命名、和名は化学成分と外観による。[松原 聰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

珪線石の関連キーワードカリ長石菫青石ホルンフェルス相藍晶石珪線石型変成相系列空晶石珪線石型変成相系列角閃石ホルンフェルス相珪線石(データノート)輝石ホルンフェルス相高圧中間型変成相系列ファイブロライト片岩ケイ(珪)酸塩鉱物バロウ型累進変成帯アンソフィリタイトソーダサニディン岩バロウ型変成相系列阿武隈型変成相系列ブッフ型変成作用繊維状変晶質組織サニディナイト相プルマス岩化過程マデュカライ岩パッキング指数

今日のキーワード

ディーセント・ワーク

ディーセント・ワーク(Decent Work)とは1999年、ILO(国際労働機関)のフアン・ソマビア事務局長が就任時に掲げたスローガンです。「人間らしいやりがいのある仕事」「適切な仕事」などと邦訳さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android