コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブトカラ遺跡 ブトカラいせきButkara

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブトカラ遺跡
ブトカラいせき
Butkara

パキスタンのスワート地方,ミンゴーラの南東約 1kmにある仏教遺跡。 1956年からイタリア隊が調査。囲壁をもつ聖域の中心には前3世紀頃建立された仏塔 (大ストゥーパ) があり,6回の増改築が確認された。そのまわりには奉献塔や僧院があり,多数の彫刻や浮彫が発見された。外には居住区もある。付近のブトカラ II遺跡は 61~62年に調査された墳墓遺跡で,一般に2段に造られた土壙中から火葬,土葬の人骨が発見されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android