聖域(読み)せいいき

精選版 日本国語大辞典「聖域」の解説

せい‐いき ‥ヰキ【聖域】

〘名〙
① 聖人の地位。また、聖人の境地。清浄で尊い心境。
※東海一漚集(1375頃)二・天石説「凡情軽挙之念既息。而進修於聖域之願」 〔韓愈‐進学解〕
② 神聖な地域。また、比喩的に、戦火などを及ぼすことはしないと、当事国双方が了解している地域。または、問題として取りあげてはならないとされている事柄。サンクチュアリー。
※若い人(1933‐37)〈石坂洋次郎〉上「最澄が〈略〉建立された延暦寺の堂塔は、法灯永く伝へられて我国仏教の本源となった聖域でございます」
※ある女(1973)〈中村光夫〉「伯母は鏡花の文庫に象徴される夫の心の聖域を尊敬し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉プラス「聖域」の解説

聖域

北方謙三の長編ハードボイルド小説。1991年刊行。「ブラディ・ドール」シリーズの第9作。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「聖域」の解説

聖域
せいいき
sanctuary

(1) 宗教的に聖な場所。神殿教会,礼拝所など王権の及ばない地
(2) 軍事用語。中立国領土非武装地帯など,交戦権の及ばない地域をいう。ベトナム戦争時には,北はラオス国境からベトナム共和国(南ベトナム)国境沿いに,南はタイ湾にいたる 1000kmに及ぶジャングル回廊地帯(→ホー・チ・ミン・ルート)を称した。ベトナム民主共和国(北ベトナム)軍や南ベトナム解放民族戦線が隠れ場所や補給訓練・出撃基地として利用した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「聖域」の解説

せい‐いき〔‐ヰキ〕【聖域】

聖人の地位または境地。
神聖な地域。神社・寺院の境内、神が宿るとされる所など。「聖域を侵す」
それに触れてはならないとされている問題や領域

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android