コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブドーン ブドーンBudaun

1件 の用語解説(ブドーンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブドーン
Budaun

インド北部,ウッタルプラデーシュ州中西部,バレーリー南西約 43kmにある都市。 905年頃に建設されたといわれ,1196年クトゥブッディーン・アイバクに占領され,彼の創始したデリー・サルタナットの北辺基地,地方の行政中心地となった。 1657年ムガル帝国のシャー・ジャハーン帝がバレーリーに行政機関を移したため衰微。要塞跡や大モスク (1223) が残る。雑穀,米,コムギ,豆類などを集散する。人口 11万 6706 (1991) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone