コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブナハリタケ Creolophus pergameneus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブナハリタケ
Creolophus pergameneus

担子菌類ヒダナシタケ目ヒダナシタケ科。カミハリタケ (紙針茸) ともいう。ブナイタヤカエデなどの広葉樹枯れ木に群生する。傘はほとんど無柄,扇形ないしへら形で縦3~8cm,幅3~10cmぐらいで基部の厚さ 0.2~0.5cmであるが,しばしば合着して非常に厚くなる。純白または帯黄白色,肉質であるが乾くと膜状となり表面放射状の皺がみられる。傘の裏面には針状突起が密生し,その表面に担子器を生じる。胞子は無色。日本のブナ林帯の特産。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android