コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブヌン族 ブヌンぞく Bunun

1件 の用語解説(ブヌン族の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブヌン族
ブヌンぞく
Bunun

台湾先住民中の一民族。ブヌンは人間の意味。中部山地に居住し,人口約3万 8000と推定される。 18世紀初め民族集団形成時に山地に大移動した伝承をもち,焼畑農業を営み,粟,芋類を栽培していたが,現在は果樹栽培も行う。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のブヌン族の言及

【姻族】より

…一方儀礼的には,嫁の兄弟は婚家で名誉ある客として,葬式などの通過儀礼,姉妹の子への訓戒,財産分割の立会いなど特別な役割を与えられている。また中部台湾のブヌン族やインドネシアの父系部族では,嫁を与える側が,受け取る集団に対して祝福または呪咀する力がある。つまり霊的優位に立つとされている。…

【宴会】より

…南米ペルーの南東部に住むインディオの村では,毎年,9月に〈御誕生の聖母祭〉が行われるが,教会での厳粛な儀式と並行して仮面踊が催され,祭りの期間中,インディオたちは有り金をはたいて酒と喧嘩に明け暮れ,狂乱と浪費の時を過ごす。台湾の中部山地に住むブヌン族は,ふだん,イモや雑穀を食べてアワの貯蔵につとめているが,アワの祭りを迎えると,彼らはアワ酒をつくり,家豚や野獣の肉を用意して饗宴を競い合う。彼らにとってアワと獣肉は,自家消費のためというよりは,他人に自分たちの生活を誇示するためのシンボルになっている。…

※「ブヌン族」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブヌン族の関連キーワード先住民台湾諸語蕃社先住民族サミット呉鳳廟極東の先住民族台湾の先住民台湾の先住民選挙統一民族独立党ブヌン語

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ブヌン族の関連情報