コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブバネスワル Bhubaneswar

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブバネスワル
Bhubaneswar

インド東部,オリッサ州州都。同州東部,カタック南方約 20km,マハーナディ川三角州西部に位置。東ガンガ朝 (5世紀末~15世紀) のもとでヒンドゥー教の中心地となり,多数の寺院が建立された。そのうち 30は完全な姿を伝え,特にパラシュラーメシュバラ寺 (750頃) ,リンガラージャ寺 (1000頃) ,ラージャラニ寺 (1000頃) などは,インド=アーリア型寺院建築の代表とされる。北部の新市街は,1948年にカタックに代って州都となってから建設されたもので,州の諸官庁,博物館,ウトカル大学などの教育機関が集り,行政,商業の中心地となっている。人口 41万 1542 (1991) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ブバネスワルの関連キーワードヒンドゥー教美術ホールデーンナガラ型建築インド建築コナーラク

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android