コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブバネスワル Bhubaneswar

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブバネスワル
Bhubaneswar

インド東部,オリッサ州州都。同州東部,カタック南方約 20km,マハーナディ川三角州西部に位置。東ガンガ朝 (5世紀末~15世紀) のもとでヒンドゥー教の中心地となり,多数の寺院が建立された。そのうち 30は完全な姿を伝え,特にパラシュラーメシュバラ寺 (750頃) ,リンガラージャ寺 (1000頃) ,ラージャラニ寺 (1000頃) などは,インド=アーリア型寺院建築の代表とされる。北部の新市街は,1948年にカタックに代って州都となってから建設されたもので,州の諸官庁,博物館,ウトカル大学などの教育機関が集り,行政,商業の中心地となっている。人口 41万 1542 (1991) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ブバネスワルの関連キーワードヒンドゥー教美術ホールデーンナガラ型建築インド建築コナーラク

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android